レーシックが受けられないケース|場合によってはレーシックは受けられません

トップページ > レーシックが受けられないケース
レーシックの疑問

ケーススタディ


レーシックが受けられないケース
レーシックを受けて視力を回復させようと思っている人も大勢いると思いますが、残念ながら全ての人がレーシックを受けられるわけではありません。さて、どんな人がレーシックを受けられないのでしょうか?




レーシックが受けられないのは、主に下記の方です。

ぶどう膜炎の方
角膜ヘルペスの方
角膜移植をしている方
強膜裂傷がある方
黄斑部変性がある方
重篤な糖尿病・膠原病など内科的疾患がある方
妊娠中・授乳中・授乳後3ヶ月以内の方
過去にメスを使用した眼球疾患の手術を受けている方
バセドウ病の治療薬を服用中の方
パイロットの方もしくはパイロットを目指している方
視神経障害がある方
角膜の形状や厚みが適応範囲外の方

などなどです。

残念ながらレーシックを受ける事は出来ませんが、
レアケースで受けられる事もあるみたいです。
大手の医院であれば、どこも相談ダイヤルなどがありますから、
相談してみる価値はありそうです。

逆に、上記の条件に当てはまらなくても、
レーシックを受けられない事もありますので、
詳しくは、各医院に相談になります。