本当は危険?レーシックのリスク

トップページ > レーシックのリスク
レーシックの疑問

ケーススタディ


本当は危険?レーシックのリスク
レーシックには少なからず、合併症などのリスクがあります。カウンセリングなどでリスクについての説明はありますが、レーシックを受ける前にリスクを知っておく必要があります。レーシックにはどんなリスクがあるのでしょうか?




レーシックの合併症

ハロー・グレア現象
明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見えたり(ハロー現象)、明るい光がまぶしく見えたり(グレア現象)する現象です。通常は数か月で回復すると言われていますが、強度近視の場合は、ハロー・グレア現象が残る場合もあります。

ドライアイ
手術後数か月は、ドライアイが出る事があるみたいです。みんな目薬で対応しています。

その他の症状
ほとんどないと言っていいと思いますが、ごく稀に感染症を起こし、眼球が白濁する事があります。早期に治療すれば治す事が出来ますが、治療が遅れると角膜移植をしなければなりません。異常を感じたら、早急に医院に相談してください。


医院に関する問題

医療機器の遅れ
医療は日々進化していますが、医療機器が高額なため、資金力のない医院の場合、古い機器を使っている事があるみたいです。

眼科医の技術
あまりレーシックの手術をやった事のない眼科医の場合、経験不足から起こるミスなどのリスクが無いとは言えません。


以上、レーシックには様々なリスクがあります。
たどり着く結論的には、やはりレーシックの手術件数の多い
医院を選んだほうが良いと言う事です。